訪問看護師の求人に強い転職サイトは、どこ? 訪問看護師のコラム一覧

訪問看護師 赤ちゃん専門のところで働くにはどうしたらいいの?

訪問看護師が赤ちゃん専門のところで働くためには、どうしたらいいのでしょうか?赤ちゃん専門の訪問看護師の役割などを含めて説明していきたいと思います。

訪問看護師 赤ちゃん専門ってどんな存在なの?

訪問看護師が赤ちゃん専門で活動する、というのはあまりピンとこない方も多いのではないでしょうか?

訪問看護というくらいなので、在宅訪問サービスであることには違いありませんが、さすがに利用者が赤ちゃんと高齢者、障害者では勝手が違うように思いますよね。

でも基本的には仕事内容が大きく異なるというわけではなく、利用者やその家族が安心して生活できるようにサポートすることは同じです。

ただし、在宅訪問サービスに携わる訪問看護師としてのスキルだけでなく、赤ちゃんに対する看護ケアのスキルや知識も必要になります。このことは、赤ちゃん専門の訪問看護に進むまでの過程が重要なことを意味します。

具体的に言うとNICUの経験があることが大切ですね。これでだいぶイメージしやすくなるのではないでしょうか?

赤ちゃん専門の訪問看護というのは、NICUの延長線上にあるものなのです。

NICUは赤ちゃんの集中治療室ですので、何らかの病気などを持って産まれてきた赤ちゃんに対する治療が多いですよね。

命の危険を伴っている時も多いです。そういった中で、やっと自宅で生活できるようになった、という状態で関わるのが赤ちゃん専門の訪問看護ステーションです。

よって、利用者の家族からすると、訪問看護師は希望の光のような存在になっています。

訪問看護師が赤ちゃん専門で仕事をしたいのであれば・・・

訪問看護師が赤ちゃん専門で仕事をしたいのであれば、訪問看護師というよりもNICUでの経験を活かして在宅訪問サービスを提供するという感覚が必要です。

つまり、訪問看護師の延長ではないということです。もちろん、通常の訪問看護師と注意点が大きく変わるわけではありませんし、重要な役割も似ています。

それは、利用者の家族の精神面のサポートを行うことです。ただ、これは通常の訪問看護よりも難しい面があります。

赤ちゃんのこと、自分たちの子供のことになると、親は夢中になります。過敏に反応することが多々あるのです。

つまり、精神的に不安を感じることが、通常の訪問看護とは比にならないくらい多いのです。

ちょっとした変化が有るだけでも心配になる両親に対し、訪問看護師はきちんとした説明をし、安心してもらえるようにしていくことが重要な役割になります。

こういったことができる赤ちゃん専門の訪問看護師というのは、やはりそれだけの経験を積んでいないと難しいのです。

その経験というのは、NICUもですし小児科や訪問看護の経験もあるようであれば尚可です。

赤ちゃんから子供に対する疾患、そしてその時の家族対応という面でのキャリアを十分に積んだ看護師が、赤ちゃん専門の訪問看護師として活躍できます。

訪問看護師 赤ちゃん専門で行えるステーションは多いの?

訪問看護師が赤ちゃん専門で仕事を行っていこうと思うと、そういった訪問看護ステーションは多いのでしょうか?

実際に数で言うとそれ程多くはありません。そもそもNICU自体が全国でそれ程多くの病院が対応しているわけではなく、大学病院や公的病院が行っていることが多いです。

赤ちゃん専門の訪問看護師として仕事がしたいのであれば、訪問看護ステーションを探すよりは、NICUで勤務をし、その繋がりから探す方が確実かもしれません。

ただし、NICUと訪問看護の関わりが常にあるわけではありませんし、NICUで仕事をしながらそういったことを考える余裕がないかもしれません。

NICUでの経験自体はあった方が良いのですが、あなたが1人で仕事を頑張りながら求人を探すのは難しいでしょう。

なので、求人を探すことは看護師転職支援サイトに任せると良いかもしれません。直ぐに求人が見つからないこともあると思いますが、随時確認してくれます。

また、赤ちゃん専門の訪問看護師として仕事を行っていく上で、いろいろと質問したいこともあると思います。

どういった疾患の赤ちゃんが多いのかによって仕事内容も変わってきますし、夜間の対応なども気になりますよね。

そういったことを看護師転職支援サイトの転職コンサルタントは事前に確認してくれるので、安心して面接に臨めますよ。

訪問看護師の求人に強い転職サイトは、どこ? 訪問看護師のコラム一覧

このページの先頭へ