訪問看護師の求人に強い転職サイトは、どこ? 訪問看護師のコラム一覧

訪問看護師がalsの患者様にできるのはどういったことなの?

訪問看護師がals患者様に対して対応する機会も増えてきています。alsは現在の医療では不治の病となっており、徐々に筋力が衰え、最後は寝たきりになってその先には死が待っているものです。訪問看護師の出来ることについて考えました。

訪問看護師はals患者様に対してどれだけ要望を叶えることができるかが大切

訪問看護師がals患者様に対して対応する場合、als患者様本人が在宅を希望しているケースが多いです。

alsは難病指定になっているため、強制的に退院させられることはありません。ずっと入院している患者様もいますし、在宅を希望する患者様もいます。

ということは、訪問看護を利用したいという申し出があるということは、それだけ在宅に帰りたい理由があるということになります。

病院ではなかなかできなくて、在宅でしたいことってなんだろう?ということから始まります。

そして、als患者様の場合、訪問看護だけでなく、訪問介護サービスなども不可欠になります。よって、連携を取りながらサービスの提供をしていくことが大切です。

また、今後良くなっていく可能性がある病気ではなく、人によって違いはあっても、徐々に進行していく病気です。

つまり、後々のことを考えていくと、病院との連携も非常に重要になってきます。どのタイミングで病院に入院するのか、ということもある程度退院の時点で考えておく必要があります。

こういったことをしてまで在宅で生活がしたいals患者様の要望で多いのは、やはり好きなものを食べたい、というのがあります。

節制をすれば良くなるという病気ではありませんので、食事制限はありません。しかし、病院食はメニューが決まっていますので、好きなものを食べるというわけにはいきません。

そして、出来るだけ最後まで、自宅で自分らしく生活をしたい、という気持ちが強いのでしょう。

そのサポートを訪問看護師が万全な体制で行っていくためには、ケアマネージャーの資格があると良いです。

その理由を次で述べていきます。

訪問看護師がals患者様に対応していく時にケアマネージャーの資格が有効?

訪問看護師がals患者様に対応する際に、自分自身がケアマネージャーの資格を取得していると、非常に有効な対応ができます。

というのも、自分で計画を立てて、連携を取っていくことができるためです。

一般的な訪問看護の場合は、医療的な措置というよりも、状態の確認が多いです。

しかし、als患者様の場合は徐々に悪化してしまうため、医療措置の必要具合も増していきます。

よって、ケアマネージャーと連携してというよりは、自分がケアマネージャー兼訪問看護師として、役割を全うしていくことが望ましいです。

それだけ、als患者様の在宅訪問サービスは難しいものがあると言えます。

訪問看護師がals患者様に対応できる環境は?

訪問看護師がals患者様を受け入れている訪問看護ステーションは、それ程多くありません。

やはり、万全の体制で対応していく必要があるため、管理者の経験も問われますし、ケアマネージャーの存在なども重要になってきます。

病院との連携や訪問介護との連携もスムーズに取れているところでないと、難しいという現実もあります。

というのも、訪問介護もals患者様を受け入れることが出来るところばかりではないためです。少しでも不安があると受け入れることはありません。

こういったことから、訪問看護ステーションでも受け入れ態勢が重要ですし、連携をとる訪問介護なども受け入れ態勢が整っていることが大切です。

在宅訪問サービスとして、als患者様を受け入れることが出来るネットワークが出来上がっているかどうかが、重要なことと言えるでしょう。

もし、あなたがals患者様を受け入れる訪問看護ステーションで仕事がしたいと考えた時には、出来るだけ大手の訪問看護師ステーションが良いでしょう。

そして、多くの病院や訪問介護などと連携を取っているところを探すと、als患者様を受け入れいている可能性が高いです。

こういった求人は自分で探すよりも、看護師転職支援サイトを活用した方が、見つかりやすかったりします。

どういった患者様を受け入れているかなどの情報も、看護師転職支援サイトで把握しているためです。

上手に活用して、キャリアアップをしていきましょう。

訪問看護師の求人に強い転職サイトは、どこ? 訪問看護師のコラム一覧

このページの先頭へ