訪問看護師の求人に強い転職サイトは、どこ? 訪問看護師のコラム一覧

訪問看護師のやりがいってどんなことだろう?

訪問看護師のやりがいはどういったことになるのでしょうか?訪問看護の特徴の中に多くのやりがいがあるはずです。後は、あなたがどれに対してやりがいを感じるかでしょう。

訪問看護師はやりがいを見出しやすい職種なの?

訪問看護師のやりがいについて述べる前に、まずは訪問看護師自体やりがいを感じやすいのかどうか、ということについて触れたいと思います。

訪問看護師のやりがいは、当然ながら訪問看護の仕事の特徴にあります。それは、訪問看護師が中心となって、仕事を行っていくことができる点です。

当然ながら訪問看護のサービスを提供する際は、訪問看護師が1人で訪問するため、1人でサービスを提供することになります。

つまり、自分が中心となってサービスを提供したい、それにやりがいを感じる、という看護師は、訪問看護師が天職と言えますね。

すぐにやりがいを感じて、どんどんスキルアップを求めていくでしょう。

そして、訪問看護師の場合、自分自身で必要と思っていることをどんどん勉強することができます。

担当している利用者がどういった疾患を持っているかで、勉強内容が変わってきますが、それでもやらされているものではありません。

自分で必要性を感じて勉強しているのです。ということは、やりがいを感じやすい環境にあると言えるでしょう。

やはり、やらされる状態になっていると、やりがいを感じることはできませんから。

訪問看護師のやりがいで多いのはどんなことなの?

訪問看護師のやりがいで多いのは、どういったことがあるのでしょうか?

上記で述べたように、自発的にスキルアップできるという部分で考えると、やはり自分で考え行動したことを上司に認められた時でしょうか。

というのも、訪問看護ステーションでは、カンファレンスが非常に多くあり、全ての訪問看護師が各々の意見や考えを述べる機会があります。

その時に、あなたが担当している利用者に対して行っていることを発表したとして、上司に賞賛されるとどのように感じるでしょうか?

これが訪問看護師の仕事のやりがいですね。

また、もう1つ大きなものとして、やはりコミュニケーション能力を活かして成功した時にやりがいを感じる看護師が多いです。

例えば、家族の意向を聞き、それを訪問介護と連携をとって行ったとします。その結果、家族から喜ばれたという結果になると、その一連の流れにやりがいを感じますよね。

やはり、訪問看護師は在宅で療養する方、もしくはその家族のサポートが仕事ですので、より快適な生活ができて喜ぶ、そういった姿を見ることでやりがいを感じるのです。

訪問看護師がやりがいを感じたその先には?

訪問看護師がやりがいを感じ、訪問看護師として今後仕事をしていこうと心に決めたとき、その先にはどういったことがあるのでしょうか?

まず、訪問看護のスキルをアップしていくために、様々な研修や勉強会に参加するようになります。

そして、スキルアップに繋がる資格や仕事に活かせる資格を取得しようとしますよね。

訪問看護にどういった資格が活かせるかは、資格のページで記載しましたが、訪問看護や褥瘡ケアの認定看護師や、プラスアルファの部分ではアロマなどがあります。

こういった資格を取得していく中で、より高度な訪問看護師としての仕事ができるようになるのです。

そして、これは希望するかしないかはあなた次第ですが、訪問看護ステーションの管理者になるという手段もあります。

まだまだ訪問看護師が足りていない現状があり、どんどん訪問看護ステーションができている状態です。

ということは、間違いなく管理者も育成していこうとしているところが多いはずですよね。

管理者というと、スタッフや収益の管理がメイン業務と思うかもしれませんが、訪問看護の場合、ケアマネージャーとの連携や病院との連携など、全て管理者が中心となって行います。

これはいわゆる営業活動のようなものですね。入院患者が退院した後、訪問看護が必要な時には紹介して、という感じです。

つまり、更に高度なコミュニケーション能力が必要となります。コミュニケーション能力を活かすことにやりがいを感じる看護師であれば、更なる高みとして管理者を目指すのも良いでしょう。

訪問看護の管理者求人は、看護師転職支援サイトで探してもらうと、結構簡単に見つかりますよ。

訪問看護師の求人に強い転職サイトは、どこ? 訪問看護師のコラム一覧

このページの先頭へ