訪問看護師の求人に強い転職サイトは、どこ? 訪問看護師のコラム一覧

訪問看護師の精神看護はどういったものなの?

訪問看護師の精神看護も最近では注目を集めています。訪問看護というと、在宅医療を提供するというイメージがありますが、精神看護の場合はどういったサービスを提供するのでしょうか?

訪問看護師の精神看護は専門的領域なの?

訪問看護師の精神看護は専門的領域なのでしょうか?精神看護の訪問看護は一般の訪問看護とは別分野になります。

つまり、一般の訪問看護ステーションではなく、精神専門の訪問看護ステーションを利用することになるのです。

こう考えると、訪問看護師の精神看護は専門領域と考えられますよね。そして、専門的に精神看護の訪問看護を行っているところは、まだまだ少ないのが現状です。

最も多いパターンとして、精神科病院の中に訪問看護ステーションがあり、そこが精神看護の訪問看護を行っているケースです。

精神看護の難しいところは、退院後に外来受診をしっかりと受けない患者様が多いことです。

そして、その中で症状を悪化させ、急に体調を崩してしまい緊急入院になることがあります。そうなることを未然に防ぐのが、この精神看護の訪問看護ステーションの役目です。

ということは、外来受診をきちんと行っているかを確認したり、服薬指導、服薬管理を行うことが主な仕事になります。

仕事内容としては、一般の訪問看護と比べて楽なのですが、一般の訪問看護よりもさらに難しい面もあります。

どういったことなのか、次で説明したいと思います。

訪問看護師の精神看護ではより高度なコミュニケーション能力が必要?

訪問看護師の精神看護では、より高度なコミュニケーション能力が求められます。どういったことかというと、カウンセラーや心理士のような傾聴スキルが必要になるためです。

精神看護の在宅訪問サービスでは、何か医療措置を行うというケースはほとんどありません。状態の変化がないかの観察と、定期的な診察を受けることを勧め、薬の管理をします。

しかし、その際にただ管理を行うだけでなく、利用者とのコミュニケーションを取ることが重要になります。

精神看護の在宅訪問サービスを利用する方は、孤独になりがちな方も多く、それが症状を悪化させる要因になっていることがあります。

家族がいる場合も、接し方が分からないということで、ほとんど接していないことがあります。

そうなってくると、利用者は誰とも会話をしないということになり、どう考えても症状が良くなる環境とは言えませんよね。

ただ、このコミュニケーション能力は看護スキルとはまた違うものになり、非常に難しいものです。

場合によっては外部研修等にいき、スキルを磨いている方もいます。医療処置よりもコミュニケーションや観察を重視したい看護師には、精神訪問看護は向いているかもしれません。

訪問看護師は精神看護を行う上で危険が伴わないの?

訪問看護師が精神看護を行う際に、危険が伴うことがないのか心配になる方はいませんでしょうか?

もし、あなたが精神訪問看護に興味があるけど・・・、という感じで思い切って踏み出せていないのであれば、やはり危険があるかもしれないことが心配なのでしょう。

実際に精神訪問看護も通常の訪問看護と同じように、在宅に訪問します。そして、当然ながら一人暮らしの方であれば、利用者と2人きりになります。

よって、危険が伴う可能性がある場合は、1人ではなく2人で訪問するケースもあります。

また、男性看護師が対応しているという場合も少なくありません。一般の訪問看護と比べると、男性看護師の割合が多いとも言えますね。

これは一般病院の病棟と精神科病院の病棟の状況と同じです。

こうやって述べていくと、より一層怖くなったのではないでしょうか?しかし、精神看護の場合は、危険がないように細心の注意を払っています。

100%安全とまでは言えませんが、問題が起きないように事前に情報収集などをしっかりと行っています。

もし、あなたが精神訪問看護師として仕事がしたいのであれば、精神科病院で訪問看護があるところを探すか、精神訪問看護を専門に行っているところを探す必要があります。

数が少ないので、看護師転職支援サイトを活用した方が見つけやすいかもしれませんね。

訪問看護師の求人に強い転職サイトは、どこ? 訪問看護師のコラム一覧

このページの先頭へ