訪問看護師の求人に強い転職サイトは、どこ? 訪問看護師のコラム一覧

訪問看護師はオンコール次第で大変さが全く違う?

訪問看護師はオンコール次第で大変さが全く違ってきます。具体的に言うとオンコールをどれくらいの頻度で対応するか、そして対応時にどれくらい時間がかかってくるか、更に緊急訪問するのか、という部分です。

訪問看護師のオンコール(留守番)の頻度は一般的にどれくらい?

訪問看護師のオンコールというのは、簡単に言うと電話番です。ただ、かかってくるケースばかりではないため、事業所で電話番をするのではなく、自宅で電話番をするのです。

今は携帯電話に転送することができますので、ほとんどの訪問看護ステーションで、オンコールはこういった体制をとっています。

では、このオンコールの頻度はどれくらいなのでしょうか?基本的には正社員の訪問看護師の数で1ヶ月を割るのが一般的です。

そして、訪問看護師の数は、1つの事業所に3~4名程度が多いため、1ヶ月で1週間くらいになります。

ただ、このオンコールに関しては、事業所によって異なったルールを設けていることが多いですね。

例えば、訪問看護ステーションは所長も看護師ですので、所長がオンコールは全て行っているところもあります。

また、訪問看護の経験が1年以上のスタッフだけがオンコールを行っている事業所もあります。

オンコールの形というのは、事業所ごとに最も対応しやすいと思える手段をとっていますので、もしあなたにこだわりがあるのでしたら、事前に確認した方が良いですね。

訪問看護師のオンコールってどれくらいの頻度で電話が鳴るの?

訪問看護師のオンコールはどれくらい電話が鳴るものなのでしょうか?もちろん、電話を持っているだけでも、いつ鳴るか分からないというストレスはあります。

しかし、実際問題としてどれくらいの頻度で電話対応があるのかで、オンコール時の大変さは変わってきますよね。

それに上記で述べたように、1週間くらいのオンコールが多いわけです。1週間のうちほぼ毎日数回の電話があるのと、1週間で1回電話があるかどうか、では雲泥の差があります。

基本的にオンコールが毎日鳴り続けるということはありません。そういった利用者を自宅で家族が世話をすることはできないでしょうし、それだったら夜勤の方が効率的です。

いわゆるコールセンターのような感じにして対応すれば良いのです。しかし、実際にそうでないということは、それほどの電話件数がないためです。

大体1週間の中で2~3回程度が多いようですね。もちろん、利用者の要介護度が高いと電話の頻度が増えるでしょうし、低ければ少なくなりますが。

あくまで平均的な部分として把握しておくと良いでしょう。

訪問看護師のオンコールで呼び出しってあるの?

訪問看護師のオンコールで、最も気になるのがこれではないでしょうか?いわゆる呼び出しです。

というのも、呼び出しは正直夜勤と一緒です。それに、訪問看護の呼び出しは結構大変です。

訪問看護の呼び出しは、自家用車、もしくは社用車を利用する形になります。一般的に多いのは、自家用車で事務所まで行き、事務所から社用車で利用者宅へ訪問するという形です。

考えるだけでも面倒ですよね。そして訪問が終わったあと、また社用車を事務所に返して、自家用車で帰るのです。

ただ、夜間の呼び出し対応は一般的ではありません。多くの訪問看護ステーションで呼び出し対応は行っていないのです。

また、行っているところは、所長が対応していることが多いですね。それに、緊急呼び出しで看護師が対応するよりも、救急車の手配をした方が早いです。

よって、電話だけで対応することができるのです。

訪問看護師のオンコールを最後にまとめると・・・

訪問看護師のオンコールについて、最後に簡単にまとめますね。

まず、最も訪問看護師が楽なパターンを言うと、オンコールなしかもしくは所長が全て対応してくれているところです。

そして、最も大変なのは、緊急呼び出しの対応も行っていて、自家用車や社用車を活用するパターンです。

スタンダードなものは、1週間くらいのオンコールがあり、その間の電話が鳴る回数は2~3回くらいです。

こういった求人を探せば良いということですね。自分で求人票を眺めても、こういった情報はなかなかありません。

看護師転職支援サイトを活用し、情報収集をしっかりと行った上で転職すると、こんなはずじゃなかった、は防げます。

訪問看護師の求人に強い転職サイトは、どこ? 訪問看護師のコラム一覧

このページの先頭へ