訪問看護師の求人に強い転職サイトは、どこ? 訪問看護師のコラム一覧

訪問看護師は未経験から始めにくい仕事なの?

訪問看護師を未経験からスタートするのは、実際どうなのでしょうか?皆初めは未経験からのスタートです、ただ、訪問看護師が未経験であっても、看護師としての経験などがありますので、一概に言えませんよね。どういった看護師が訪問看護に慣れやすいか、様々な角度から考えてみます。

訪問看護師は未経験の時に向き不向きが分かる?

訪問看護師は未経験だとなかなか仕事に慣れることが難しいイメージがあるのではないでしょうか?

確かに、訪問看護師は在宅ということで病院や施設とは全く違った雰囲気があります。

病院や施設は、自分たちの土俵ですが、在宅の場合、利用者の土俵でサービスを提供します。

よって、利用者はリラックスした状態で、そして看護師は緊張した状態でサービスを提供することになります。

これだけでも、難しいような感じがしますよね。ただ、そこにやりがいがあるとも言えるのです。それが向き不向きにも繋がります。

つまり、訪問看護の醍醐味は、利用者の自宅でサービスを提供すること、そして利用者の生活に合わせたサービスの提供、そして提案をしていくことで、QOLを上げていくことです。

訪問看護で数ヶ月勤務すれば、自分自身がそう思えるかどうかが分かります。よって、未経験者の方が、訪問看護師に自分が向いているかどうか判断しやすいのです。

まずは仕事を覚えることに精一杯かもしれませんが、自分自身が訪問看護の仕事に向いているかどうかも、未経験からスタートした時に意識すると良いですね。

訪問看護師は未経験でも全く問題ないですよ!

訪問看護師は未経験でも全く気にすることがない職種だと言えます。というのも、8割くらいは訪問看護未経験で就職するためです。

訪問看護師には新卒が少ないため、ほとんどの看護師が転職組で、訪問看護未経験からということになります。

ということは、訪問看護未経験からのスタートは何も問題ないということです。ただ、看護師の経験年数は、できれば3年は欲しいところですね。

やはり、基本的な看護師のスキル、いわゆる点滴、注射、採血は問題ない状態になっていて、患者様の観察もある程度はできる状態であることが望まれます。

その上で、訪問看護の仕事を覚えていくことになりますし、それ以上にベースがしっかりとしていないと、自信を持って訪問看護の仕事に取り組めません。

訪問看護は最初は先輩看護師が一緒に訪問してくれますが、いずれ1人で訪問するようになります。

1人で訪問できるということは、それなりに自信が必要なのです。

訪問看護師を未経験からスタートする時の注意点はどんなことなの?

訪問看護師の未経験からスタートする時の注意点は、どういったことがあるのでしょうか?

まず、最も大切なことは訪問看護以外の看護経験がどれだけ長くても、謙虚に指導を受けることです。

病院での研修の場合は、指導できる看護師が多く存在しますので、自分に合った人から教わることもできます。

しかし、訪問看護の場合は少人数ですので、指導してくれる人と合わなければ、その事業所では勤務できない、という感じになってしまいます。

つまり、最初が非常に肝心になってきます。仕事が出来るかどうかよりも、まずは勤務先に馴染めるかどうか、という部分をクリアしないと、その先がないと考えた方が良いでしょう。

そして、訪問看護ステーションのメンバーとのコミュニケーションも併せて重要です。

皆がどういった経験があるのか、訪問看護にどういったポリシーを持っているのかを把握しておくことが大切です。

こういったことが出来ていると、人間関係でのトラブルが起こりにくくなりますし、仮に起こったとしても話し合いができます。

少人数で皆が同じ看護師という職場は、訪問看護ステーションしかありません。他の職場、例えばクリニックは医師や事務スタッフがいますし、デイサービスは介護職がいます。

看護師だけ、しかもある程度経験を積んでいる看護師の集合体というのが、強い仕事へのこだわりに繋がっていく場合もあり、人間関係ができていないと険悪な雰囲気になってしまうことがあります。

このように、訪問看護師は未経験からスタートすること自体は問題ないですが、人間関係の構築には気を使うことが大切です。

そして、出来るだけ人間関係がギスギスしていない訪問看護ステーションを探すのは、看護師転職支援サイトを活用すると、比較的容易になると思います。

訪問看護師の求人に強い転職サイトは、どこ? 訪問看護師のコラム一覧

このページの先頭へ