訪問看護師の求人に強い転職サイトは、どこ? 訪問看護師のコラム一覧

訪問看護師の仕事内容は多岐に渡ります!

訪問看護師の仕事内容は医療措置もありますし、ターミナルケアもあります。そして最近では、精神看護専門の訪問看護も出てきています。つまり、在宅でできることに関しては全て対応しているのが現状です。

訪問看護師の仕事内容で医療措置ってどんな内容なの?

訪問看護師の仕事内容で、医療措置を行うという説明を多く耳にすると思います。どういったことが、訪問看護師の医療措置なのでしょうか?

まず、医療措置としてどういったものが多いかを説明する前に、在宅で訪問看護師を必要とするのは、どういった疾患がある方かを見ていきたいと思います。

まず、在宅での管理が必要な方が多いですね。例えば、糖尿病や高血圧などは、まさに在宅での定期的な管理が必要な疾患です。

訪問看護師が定期的に訪問し、状態をチェック、インシュリン注射、点滴等を行ったり、血糖測定をしたりします。

こういったことを訪問看護師が行うことで、在宅での管理を安心して行うことができます。

特に利用者の家族からすると、訪問看護師が医療措置を定期的に行ってくれる、そして在宅での管理を確認してくれることで、大きな安心を得ているのです。

高血圧は、高齢者にとって悩みになっているケースが多い症状ですよね。高血圧も自宅での管理がしっかりとしていないと、脳梗塞などの危険性が高まります。

血圧、体温、脈拍などのバイタルチェックを定期的に訪問看護師が行い、家族にも状況を説明することで、これも大きな安心に繋がります。

他にも、医療機器の管理、例えば、在宅酸素、人工呼吸器、持続点滴、膀胱カテーテルなどがあります。

こういったことも、間違っているかもしれないという家族の不安がありますので、定期的に訪問看護師が対応することで、安心するわけです。

こうやって見ていくと、訪問看護師の仕事というのは、医療措置を行うことではありますが、それ以上に安心感を与えるものと言えますね。

訪問看護師の仕事内容でターミナルケアって難しいの?

訪問看護師の仕事内容で、最近増えてきているのがターミナルケアです。

ターミナルケアが増えてきているのは、様々な日本の問題点が原因として挙がってきます。

簡単に説明すると、高齢社会、病院の空きベットがない、施設の不足などですね。そこに、本人や家族の在宅希望というケースも加わって、ターミナルケアが増えているのです。

また、上記のような病院のベットや施設の問題もあり、国が在宅を推奨しているという現状もあります。

では、実際にターミナルケアは訪問看護師にとってどうなのでしょうか?

まずは、最初に述べたような医療措置が必要な利用者には、医療措置を行っていきます。

これはターミナルであろうとなかろうと一緒です。その上で、ターミナルケアとは、家族と利用者本人の心のケアを行っていくことが大切になってきます。

特に家族の心のケアという面が重要になってきますね。よって、医療措置が出来れば大丈夫ではなく、経験豊富な看護師の方が向いています。

今までの経験をもとに対応もできますし、利用者や家族も相談がしやすいですよね。

ただ、まだまだターミナルケアの対応ができる訪問看護師は少ないため、今後の課題になっています。

逆に、ターミナルケアができる訪問看護師になれれば、高待遇で採用される可能性が高いとも言えますね。

訪問看護師の仕事内容から見えるやりがいって?

訪問看護師の仕事内容を見ている中で、やりがいはどういったところにあるのでしょうか?

やはり、利用者やその家族に対して、安心してもらうためのサポートをしていることですね。

そして、病院とは違い在宅はそれぞれの家庭での生活になります。つまり、1人1人が異なるわけです。

ケアマネージャーと連携をとって、利用者に対して適切な処置を行って行くのですが、基本的には家族や利用者本人が望むことを優先的に行っていきます。

つまり、1つの家庭の生活を作るサポートにもなっていますよね。これが最も大きなやりがいと言えるかもしれません。

訪問看護師の求人は多く存在していますが、仕事内容はどういった利用者が多いかで異なってきます。

看護師転職支援サイトを活用し、事前に確認した上で応募先を決めると良いでしょう。

訪問看護師の求人に強い転職サイトは、どこ? 訪問看護師のコラム一覧

このページの先頭へ