訪問看護師の求人に強い転職サイトは、どこ? 訪問看護師のコラム一覧

訪問看護師の年齢はどれくらいが適齢なの?

訪問看護師の年齢はどれくらいが適齢なのでしょうか?例えば大学病院は何歳くらいまで、美容クリニックは何歳くらいまで、といった感じで、年齢制限がある職場もありますが、訪問看護の年齢はどうなのかについて説明します。

訪問看護師の年齢に適齢期ってあるの?

訪問看護師の年齢に適齢期ってあるのでしょうか?看護師も職場に関しては、年齢制限があるところや、適齢期がある程度存在しているところがあります。

例えば、大学病院や公的病院は35歳までになっているところが多いですね。

大学病院や公的病院での勤務経験が長ければ、35歳以上でも採用される可能性はありますが、基本的には採用されません。

理由は単純で、大学病院や公的病院の忙しさやシステムに慣れないためです。

他にも美容クリニックや透析なども、同じような理由で35歳くらいが年齢制限になっていることが多いです。

こういった年齢制限を行う目的は、早期退職のリスクを軽減するためです。上記で述べたように、慣れないとなってくると、早期退職に繋がるリスクが増大します。

逆を言うと、看護師を採用する際の適齢というのは、長く勤務してくれる可能性が高い年齢のことを言います。

では、ここから本題です。訪問看護の適齢というのはどうでしょうか?

何歳まで、何歳以上という明確なものはありませんが、30代からスタートするのが最もスムーズに仕事に慣れていくことができます。

訪問看護師は、看護経験も必要ですが、人生経験も必要です。

よって、30代からスタートして40代で訪問看護ステーションの中心的存在として活躍し、50代で所長などの管理職、というのが1つの流れですね。

訪問看護師は年齢よりも経験が大切

訪問看護師は年齢を意識することも大切ですが、年齢はあくまで目安でしかありません。

そして、訪問看護ステーションでも、年齢によって採否を決定していることは少ないです。

となると、大切になってくるのは、経験ということになりますよね。

訪問看護は、基本的に病棟での勤務経験があった方が良いと言われていますが、救急外来などの経験でも十分に活かすことができます。

緊急時の対応などを把握しているため、訪問看護で仕事を行う際に、急変などがあった時でも、冷静に対処することができます。

よって、訪問看護で勤務するためにはこういった経験を積まなければいけないという意識は必要ありません。

ただ、出来るだけ病院での勤務経験が5年以上はあった方がいいですね。つまり、新卒から5年病院で勤務して訪問看護師になった場合、20代後半です。

訪問看護は20代後半くらいから徐々に意識していくと良いのかもしれません。

訪問看護師は年齢制限はないの?

訪問看護師は年齢制限は基本的にありませんが、例えば50代になって訪問看護未経験で開始するのは難しいかもしれません。

あなたも経験したことがあるかもしれませんが、人間は徐々に新しいものに慣れにくくなるものです。

よって、50代で新しいことに挑戦となると、仕事もそうですが、感覚の違いにまずなかなか慣れません。

病院とは違い、利用者の自宅でサービスを提供することに対する変化に適応することができないのです。

適応することができなければ、当然ながらクレームも増えてきます。

そうなると、訪問看護ステーションもサービス業なので、クレームの多い看護師を訪問させるわけにもいかず、最悪解雇になってしまいます。

こういったケースを除けば、特に年齢制限はありません。よって、訪問看護を希望するのであれば、出来るだけ30代までに経験しておくと良いですね。

その時にずっと勤務しなくても、いずれ勤務を希望することがあると、その時に役立ちます。

訪問看護は基本的に年齢を気にする必要はありませんが、訪問看護ステーションに所属している看護師の年齢は気にした方が良いですね。

同世代の看護師が多い職場が働きやすいのか、それとも同世代以外の年齢の看護師が多い職場が働きやすいかですね。

出来るだけ面接時などに確認し、あなたにとって働きやすい年代の看護師が多いところに就職するようにしましょう。

そういった訪問看護ステーションを探すのに、あなたが自分で探すのは、結構な労力を使います。

看護師転職支援サイトを上手く活用することをお勧めします。

訪問看護師の求人に強い転職サイトは、どこ? 訪問看護師のコラム一覧

このページの先頭へ