訪問看護師の求人に強い転職サイトは、どこ? 訪問看護師のコラム一覧

訪問看護師の向き不向きは性格的な部分が大きいの?

訪問看護師の向き不向きとはどういったことから判断するのでしょうか?訪問看護師は在宅訪問サービスということで、在宅でサービスを提供するという、病院看護師とは異なる部分があります。この仕事の向き不向きを語るには、性格的な面は外せないでしょう。

訪問看護師の向き不向きはまずは性格面から?

訪問看護師の向き不向きをまずは性格面から見ていきましょう。あなたはどういった性格の看護師が訪問看護師に向いていると思いますか?

他の記事でも述べていますが、訪問看護師に最も必要なことは、コミュニケーション能力です。そして、これを性格面に置き換えると、社交的となります。

つまり、社交的な看護師が向いていると言えます。様々な職種の方に対して、問題が起きることなく上手く対応するためには、相当な社交性が必要と言えます。

また、社交的なだけでなく、適応性も重要になってきます。というのも、訪問看護師は、利用者の自宅に訪問するため、1軒1軒勝手が違ってきます。

その中で、問題なく各々の家庭での看護ケアを行っていくことになります。適応性がないと、なかなか慣れることができませんよね。

そして、社交性や適応性という性格面を持っていることで、利用者とその家族とのトラブル回避にも繋がります。

というよりも、持っていないと利用者とその家族とのトラブルが発生しやすくなるのです。

この点をもう少し詳しく説明すると、利用者とその家族にもいろいろと不安に思っている点や要望などがあり、看護師に相談することもあります。

その時に、社交性や適応性がなければどんな対応をするでしょう?多分、おどおどとした態度であったり、歯切れの悪い回答などをしてしまうことになるのではないでしょうか?

そうなると、利用者とその家族からの信頼がなくなってしまいます。信頼がなくなると、ちょっとしたことでもトラブルになりやすくなります。

ちょっと利用者が体調を崩しただけでも、訪問看護師がミスをしたのではないか、と疑われてしまうケースもあるのです。

つまり、それくらい利用者とその家族との接し方は大切だということです。

訪問看護師の向き不向きに経験診療科目は関係あるの?

訪問看護師の向き不向きに経験診療科目は関係あるのでしょうか?結論を先に言うと、関係ないわけではないですが、それ程大きな問題ではないと言えます。

煮え切らない回答になってしまいましたが、実際問題としてそれ程重要なことではないのです。

というのも、訪問看護師を目指す看護師は、内科系もいますし外科系もいます。そして救急外来もいます。

少ないのはオペ室や眼科、産婦人科などですね。また、循環器科や脳神経外科などからの訪問看護への転職も少ないです。

ただ、これは向き不向きの部分とは違うかもしれませんが、終末期に携わる訪問看護を希望している看護師は、緩和ケア病棟などを経験しておくと良いですね。

イメージとしては、病院ではその分野の医療について学び、それを在宅でどのように行っていくか、というのが訪問看護です。

つまり、病院での特定の診療科目の勤務経験が、その診療科目の経験値として訪問看護で活かせることになります。

どの診療科目にいるから向き不向きではなく、どの診療科目での経験をどのように訪問看護で活かすかのイメージができる看護師が、向いていると言えますね。

訪問看護師は向き不向きよりもやりがいを見い出せるかどうかです!

訪問看護師は向き不向きがどういったところにあるかを考えがちですが、向き不向きよりもやりがいを見い出せるかどうかが重要になってきます。

また、別のコラムで訪問看護師のやりがいについて詳しく述べますが、訪問看護師の仕事にどんなやりがいを感じるかが、結局のところ向き不向きになるのです。

というのも、訪問看護の仕事は病気を治すわけではありません。在宅訪問サービスの1つとして、在宅での利用者の生活を看護の分野でサポートするのが仕事です。

この内容の中で、何かにやりがいを感じることができるということは、それが向いている証拠と言えるでしょう。

なので、もしあなたが訪問看護師としてこれからデビューするのであれば、今の段階では向き不向きが分からないかもしれません。

まずは、条件面の希望に一致しているところや、より好条件の訪問看護師テーションを探しましょう。そのサポートとして看護師転職支援サイトを活用するのも良いと思いますよ。

訪問看護師の求人に強い転職サイトは、どこ? 訪問看護師のコラム一覧

このページの先頭へ